ホーム > あゆみ > 2019年7月14日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年7月14日 礼拝説教要旨

2019年7月14日

神の約束に従って

 

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第13章13-25節

 

主題聖句:神は約束に従って、このダビデの子孫からイスラエルに救い主イエスを送ってくださったのです。

   使徒言行録 第13章23節

  

バルナバとサウロが、キプロス島から船出して、パンフィリア州のべルゲに着き、さらに進んでピシディア州のアンテイオキアに到着しました。早速彼らがしたことが、安息日にユダヤ人の会堂に入ってその席に着くことでした。すると、会堂長から、会衆のための励ましの言葉を語るように求められたので、そこでパウロが語ったことが、神の救いの御業の歴史でした。まず語ったのが、イエス・キリストが送られて来られるまでの、神の救いの御業の歴史でした。

 

神はイスラエルの父祖アブラハムを選び出し、彼をカナンの地に導かれ、その子孫をも選ばれ、時が進んでエジプトで子孫が増え、強くされ、エジプトでの奴隷状態から、神の偉大な御力によって導き出されました。そして神は、イスラエルの民にカナンの地を相続させてくださいました。その後、人々が王を求めたので、神は王を与えられました。

 

その王ダビデに、神は、ダビデ家の王座と王国が永遠に続くことを約束なさいました。それゆえ、イスラエルの民は、その約束の実現を待ち続けました。そしてこの約束が、ダビデの子孫であるイエス・キリストによって、実現したのだと、パウロは語ったのです。

 

イスラエルの民は神を信ぜず、背くことが多くあり、その度に苦しむこともありましたが、神は慈しみと真実を持って彼らを愛され、約束通り、イエス・キリストをお送りくださって、その真実を実証されました。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る