ホーム > あゆみ > 2019年7月28日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年7月28日 礼拝説教要旨

2019年7月28日

 この方による救い

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第13章38-43節

主題聖句:だから、兄弟たち、知っていただきたい。この方による罪の赦しが告げ知らされ、                  

使徒言行録 第13章38節 

パウロは、ピシディア州のアンティオキアのユダヤ人会堂で語った説教の締めくくりとして、イエスを信じる者に与えられるすばらしい恵みを述べています。それが、「罪の赦し」と「義とされる」ことです。

 

罪の赦しとは、私たちの罪が赦されるという恵みです。罪とは、的外れという意味であり、私たち人間が、神の定められた的を外れているということです。私たち人間は神によって造られ、神を思い神を信じて生きるように創造されたものでした。しかし、その目的からそれて、自分勝手な道を進んで行きました。自分で神の敵となってしまったのです。でも、私たちは自分が神を敵としている事すら分からず、仲直りする意思すらありませんでした。そのままなら神から裁かれてもおかしくなかったのです。ところが、神は私たちをお見捨てにならず、愛するゆえに、驚くべき救いを示されたのです。神は私たちを裁くのではなく、私たちの身代わりに、主イエス・キリストに私たちの罪を背負わせて十字架にかからせて裁かれたのです。主イエス・キリストは神の御子であり、罪のない方でしたから、私たちの身代わりの犠牲となられたのです。この犠牲のゆえに、神は私たちを罰する必要がなくなりました。このお方の成し遂げられた御業のゆえに、神は私たちを赦されるのです。赦されるとは、もう神はその罪を思い出さない、もう裁かないということです。

 

キリストを通して示された赦しを信じる時、赦しが与えられます。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る