ホーム > あゆみ > 2019年10月27日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年10月27日 礼拝説教要旨

2019年10月28日

 マケドニアへの召し

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第16章6-10節

主題聖句:その夜、パウロは幻を見た。その中で一人のマケドニア人が立って、「マケドニア州に渡って来て、わたしたちを助けてください」と言ってパウロに願った。      

使徒言行録 第16章9節

使徒パウロが、第2回伝道旅行として、小アジア、今のトルコ半島を西に向かって行き、前に伝道した土地のクリスチャンたちを訪ねて、信仰を励ます働きをしてひと段落がつき、これから先に進み、伝道をすべき場所を探し求めていた時でした。これからアジア州に向かうことも、ピシディア州に向かうことも聖霊によってとどめられ、トロアスに向かったパウロがその夜、幻を見たのです。その幻で、マケドニア人が立って、マケドニアに来て、我を助けよと懇願したのでした。この幻を見たパウロは、仲間を相談し、マケドニア人に伝道することが主の御心を確信しマケドニアに向かったのです。

 

当教会の協力宣教師の二宮睦子師が、2011年1月30日の礼拝で、ご自身がマケドニアの叫びを聞いた証しを語られました。二宮師が1960年(昭和35年)11月にブラジリアを初めて訪問した時、ブラジリアという荒野で新都市が建設中の時でした。そこで悪戦苦闘して働いていた日系クリスチャンの石川さんから、ぜひブラジリアに来て伝道してほしいと懇願されたのです。水道も電気も通っていない場所でした。一晩祈るうちに、ここがマケドニアだ、神様が押し出してくださる。そう信じてこの地で伝道しなさいと言われていると受け止め、神様に従った時、神が道を開いてくださり、今も祝福してくださっていると。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る