ホーム > あゆみ > 2019年12月29日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年12月29日 礼拝説教要旨

2019年12月29日

心からの献げもの

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第2章1-12節

 

主題聖句: 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。      

 

マタイによる福音書 第2章11節

 

クリスマスは、プレゼントの季節です。プレゼントは、愛する者が相手に贈るものです。プレゼントというと、いただくものという思いがあるかもしれませんが、今日は、人に差し上げることについて考えてみたいと思います。相手にプレゼントを準備してそれを贈ることだけでもうれしいことですが、東方の博士たちのようにイエスさまに贈り物を献げることを考えてみたいと思います。私たちは、主に何をささげているでしょうか。この1年に与えられた主の祝福を覚える時、神様にどんな感謝をささげたらよいでしょうか。そのことを思いつつ、東方の博士の献げものについて学びたいと思います。

 

東方の博士たちは、東方で星を調べるうちに、特別に輝く星を見つけ、調べるうちに、この星がユダヤ人の新しい王が生れたことを知らせる星であると確信したのです。そうとわかって彼らは、新しい王にぜひとも会いたいと行動を始め、はるばるエルサレムに来ました。彼らはユダヤの王ヘロデに、その王はどこにいるかを尋ねましたら、聖書学者が示したのが、ベツレヘムでした。彼ら博士は、神のお導き、星と聖書に導かれて、遂に幼子イエスのいる家に着きました。彼らは幼子を見てひれ伏し拝み、自分たちの贈り物をささげました。彼らに倣い、私たちも主イエス・キリストを信じ、心からの献げものをささげましょう。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る