ホーム > あゆみ > 2020年3月8日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年3月8日 礼拝説教要旨

2020年3月8日

 人の子を信じるか

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第9章13-41節

 

 主題聖句:イエスは彼が外に追い出されたことをお聞きになった。そして彼

に出会うと、「あなたは人の子を信じるか」と言われた。

               ヨハネによる福音書 第9章35節

 

受難節第二主日では、主イエスが通りすがりに、一人の生まれつき目の見えない人を見かけ、その人の目が見えるようになさったこと。そのことから、この人が色々な経験の中で、イエスが真の救い主と信じるようになったところを学びたいと思います。

 

主イエスが土をこねてこの盲人の目を開けられたのが、安息日のことであったため、ユダヤの戒めでは安息日には何の仕事もしていけないのに、このイエスが、安息日にそんなことをしたということから、ユダヤ人指導者たちはイエスを罪人だと決めつけ、この人の目が見えるようになったことも信じなかったのです。そこで、彼らはさらに尋問を続けました。その中で盲人であったこの人は、「ただ一つ知っているのは、目の見えなかったわたしが、今は見える事です」と告白し、「あの方が神のもとから来られたのでなければ何もおできにならなかったはずです」と、自分の上に御業をなさった方への感謝と信仰を言い表しました。

 

このためユダヤ人たちは彼を外に追い出したのです。それを知った主イエスは彼に出会い、「あなたは人の子を信じるか」と問われました。「人の子」とは、人間の罪が赦されるために十字架に上げられる。信じるものに命を与えることの出来る方です。この方が人の子イエス・キリストです。その方が、今も、わたしを信じるかと問いかけられます。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る