ホーム > あゆみ > 2020年4月26日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年4月26日 礼拝説教要旨

2020年4月26日

 岸辺に立たれる主  

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第21章1-14節

 

主題聖句:イエスの愛しておられたあの弟子がペトロに、「主だ」と言った。シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込んだ。    

ヨハネによる福音書 第21章7節

 

主イエスが復活され、現れてくださったという弟子たちの証言を記した福音書を通して、私たちに復活の事実を伝えています。今日の箇所は、復活の主がガリラヤ湖畔で弟子たちにご自身を現されたところです。

 

彼ら弟子たちはガリラヤで主イエスの現れを待っていました。その待つ間、彼らは皆で舟に乗って漁に出かけたのです。元漁師もいたので、自分たちの感と経験でうまくいくと思っていたのですが、その夜は何も獲れなかったのです。それゆえ、彼らはとても惨めな思いで岸に戻っていました。夜が明けたころ、岸辺にはイエスが立っておられました。でも弟子たちにはそれが分かりませんでした。その人が、舟に食べ物がないことを知ると「舟の右側に網を打ちなさい。そうすれば獲れるはずだ」と進言してくれたのです。その進言は、無謀に思われたのですが、彼らは言われた通りに網を打ったところ、何と魚は多くて網を引き上げることができなかったのです。その時、彼らは3年前にも同じ経験をしたことを思い出しました。あの時も同じように何も魚が獲れなかったのです。その時にイエスの言われた通りに網を打ったところ、沢山の魚が獲れたのです。その時イエスが自分を弟子として下さった。そのことを思い出し、岸辺に立っておられる方が主だと分かったのです。主はなおもこの自分を弟子とするために待っておられたと知りました。恵み深いお方です。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る