ホーム > あゆみ > 2020年6月7日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年6月7日 礼拝説教要旨

2020年6月7日

  キリスト・イエスの僕 

三好 晴夫 牧師 

ローマの信徒への手紙 第1章1-7節

主題聖句:キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから、――   

ローマの信徒への手紙第1章1節

 

今日から、使徒パウロの書いた「ローマの信徒への手紙」を読んで行きます。皆さんはこの手紙を読んだことがあるでしょうか。初めて読んだとき「分かりにくい」と感じた人が多い。でも数節を読むだけで、よく分からないけれども、何か大切なことを自分は今聞いている、ということが分かってきます。もっと分かりたい、読み通したいと思わせる。でも、読み進めるのは、そう簡単ではありません。なぜかと言うと、この手紙には、パウロの信じ伝えたキリストの福音がまとめられた形で凝縮して記されているからです。福音の筋道がきちんと書いてあります。その中心的な言葉が、1章16節「福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。」。私たちも、救いをもたらす福音の力を頂きたいものです。

 

今日はその第1回目として、この手紙の差出人パウロの記す自己紹介に注目したい。パウロは自分のことを、「キリスト・イエスの僕」と言いました。「キリスト・イエス」とは、2千年前、ベツレヘムでおとめマリアより生れ、神の国の福音を伝え、人類の罪を贖うために十字架に付けられ死なれ、復活され今天の父のもとに帰られたお方です。この方を真の救い主と信じ、心から仕えている者であると自分を意識した言い方です。この認識は、主イエスの救いを受けている人々皆の思いです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る