ホーム > あゆみ > 2020年7月5日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年7月5日 礼拝説教要旨

2020年7月5日

救いをもたらす神の力

 

三好 晴夫 牧師 

ロ-マの信徒への手紙 第1章16-17節

主題聖句:わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。
ローマの信徒への手紙 第1章16節

 この言葉は、使徒パウロが、どうしてすべての人たちに福音を告げ知らせたいのか、その理由を示したものです。それは「わたしは福音を恥としない」からだというのです。ここで、自分は福音を誇りとしているからですと言ってよいところです。でも、こういう言い方をしたのは、当時の信仰者の置かれている状況への配慮からではないかと思います。彼らが主イエスの福音を聞き、信じ始めて行く中で、周囲の人たちから理解されず、恥ずかしい思いをしていることをパウロも同じ経験をして知っていたからだと思います。だから、福音を恥と思う時もあるかもしれないが、私はこの福音を信じ、恥としないと言い切るのです。
そう言い切れるのはなぜかと言うと、それは、「福音は・・・信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです」。福音とは主イエス・キリストの成し遂げてくださった救いの知らせです。すなわち、私たち人間が神から離れ自分勝手に生き、罪の中で神から栄光を受けられず裁かれそうになっていたのを、この主イエス・キリストが私たちの罪を引き受けて、十字架にかかって犠牲となられ救い出してくださったのです。主イエスは、罪の中にあった私たちを憐れんでただ信じるだけで救われるのです。そういう救いをもたらす神の力が、この福音にあるのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る