ホーム > あゆみ > 2020年9月27日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年9月27日 礼拝説教要旨

2020年9月27日

 神の義が示された  

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第3章21-26節

 

主題聖句:ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。

ローマの信徒への手紙  第3章21節

 

「ところが今や…神の義が示されました」と3章21節の言葉が始まります。何か突然、夜が明けたような気がします。そう感じるのは、これまで読んできた1章18節から3章20節までには、夜のような暗いことが書かれていたからです。人間の罪の現実について深く掘り下げて語られていたからです。そこには、私たち人間はすべて、罪人であることが言われていました。まさに夜のような光のない状態です。

 

人間が律法によって、正しいことが何かを分かったとしても、自分の弱さのゆえに、その正しいことを自分で行うことができないのです。そのためにひどい状態になってしまい、神から裁かれても当然な状態でした。それが私たち人間の現実の姿です。

 

ところが今や「律法とは関係なく…神の義が示されました」と言うのです。これまで知られていた神の義とは、律法という、神様が人間に示された正しいことを行うことによって神の前に義とされることでした。でも、その方法では、正しいことを行おうとしても守ることができず、罪の意識が生じるだけです。ところが今や、律法とは関係なく、人間が神の前に義とされる道が示されたのです。それは、憐れみ深い神が、御子イエス・キリストを十字架につけて、私たちの負わなければならなかった罪の裁きをキリストに負わせてくださったという救いです。ゆえに、私たちは神との正しい関係に回復されるのです。この救いはキリストを信じる時に与えられます。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る