ホーム > あゆみ > 2020年10月4日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年10月4日 礼拝説教要旨

2020年10月4日

 罪を償う供え物

三好 晴夫 牧師

ロ-マの信徒への手紙 第3章25-26節

主題聖句:神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。    

ロ-マの信徒への手紙 第3章25節

 

神が私たちに与えられる救いは、「義とされる」ことです。罪のゆえに滅びそうになっていた私たちを、神がキリストの贖いの御業によって償い、解放してくださったという救いです。

 

この救いの有り難さは、自分は正しい人間であり、悪い人間ではないと思っている人には分かりません。しかし、自分がいかに神から離れ、罪を犯しているか、裁かれてもおかしくない者と思う人には良く分かります。裁かれないように神は私たちを救い出してくださるからです。

 

この救いは、神の恵みにより無償で与えられるのです。ということは誰かが支払ってくださったということです。神が支払って下さったのです。「神がこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました」(25節)。この「罪を償う供え物」とは、「贖いの座」という意味です。「贖いの座」は、旧約時代、神を礼拝する場所であった幕屋(神殿)の中の至聖所にあって、契約の箱の上蓋に位置するところでした。そこに神が臨在されており、その場所で、大祭司が神の民を代表して、動物の血をその贖いの座にふりかけ、贖いの業を行ったのでした。その贖いの業を本当の意味で行われたのが、キリストです。キリストは真の大祭司としてご自身の血によって贖いを成し遂げられたのです。この贖いによって、私たちは裁かず無罪とされるのです。このように神がキリストを通して救いを成し遂げられたことを受け入れ信じるとき、頂くのです

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る