ホーム > あゆみ > 2020年10月18日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年10月18日 礼拝説教要旨

2020年10月18日

 弱いときにこそ 

三好 晴夫 牧師

コリントの信徒への手紙 二  第12章7-10節

主題聖句:なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。         

コリントの信徒への手紙 二 第12章10節

 

私たちは、自分の弱さを何とかして取り除き、強くなりたいと願っています。でも、その弱さが弱いまま、ますます衰えていくのを経験しています。今日、その弱さを受け入れて強く生きたパウロの経験から学びたい。

 

パウロの感じていた弱さとは、7節「わたしの身に一つのとげ」が与えられたことでした。それは、目の病気、緑内障ではないか、激しい頭痛ではないか。マラリヤではないかという説もあります。その「とげ」は精神的なものではなく、パウロの肉体上の故障であろうと思われます。このために彼は長い間悩まされ続けたようです。「サタンから送られた使い」とパウロが呼ぶほど、ひどく苦しいものでした。パウロはそれを離れ去らせてくださいと三度主に祈り願いました。しかし、その願い通りにはなりませんでした。

 

その時の主の答えは、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」(9節)というものでした。その意味は、あなたの病気がそのままあっても、わたしの恵みは十分ある、あなたの弱さの中でこそ、わたしの力は十分に発揮されるというのです。パウロが病気で苦しむ中において、その弱さを抱えたままの状態で、なお生きる力が与えられるというのです。この答えを聞いて彼は、自分の弱さを受け入れ、弱さの中に主が力を与えて下さると期待して、弱さを受け入れたのです。

 

実際私たちも弱さを抱えています。自分の弱さの中に、宿っておられるキリストの力にお頼りし、弱さの中にこそ強めて頂きたいものです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る