ホーム > あゆみ > 2020年11月22日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年11月22日 礼拝説教要旨

2020年11月22日

義とされた者の祝福   

三好 晴夫 牧師

ロ-マの信徒への手紙 第5章1-5節

 主題聖句:このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、

ローマの信徒への手紙 第5章1節

 

ローマの信徒への手紙の5章に入りました。何か高台に上った時に見えて来る開けた景色を眺めているような印象がします。ここで今一度、これまで4章までに書かれてあった「信仰によって義とされる」ということが、どんな祝福をもたらすのかがまとめて言い表されているからです。これは私たちに大きな喜びをもたらしているとパウロは賛美しています。

 

それは「わたしたちは・・・神との間に平和を得ており」という祝福です。ひと言で言うと、私たちは神様と和解したということです。神様と和解したということは、神様が私たちの味方となってくださったということです。しかし、キリストを信じるまではそうではなかったのです。私たち人間は神を無視し、自分の欲望によって歩み、神に敵対して過ごしていました。ですから、神との間には、深い永遠の淵があるように離れて、神抜きの生活がありました。その結果神から裁かれてもおかしくなかったのです。しかし、神は私たちをそのまま裁かれるのではなく、何とか救い出すために、御子イエス・キリストをこの世に遣わされ、私たちの罪とその結果の裁きをこのお方に背負わせて十字架につけて裁かれました。この御業によって私たちが裁かれず、神の前に義とされるようにして下さいました。それは神の表わされた無償の恵みです。信じて頂くのです。キリストのおかげで神との間に平和があり、和解を頂いているのです。この祝福を感謝します。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る