ホーム > あゆみ > 2020年12月13日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年12月13日 礼拝説教要旨

2020年12月13日

目の見えない人が見え 

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第11章2-19節

 

主題聖句:イエスはお答えになった。「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え…

              マタイによる福音書 第11章4、5節

 

待降節第3主日として、救い主イエスの少し前に現れて救い主の道備えをした洗礼者ヨハネについて学びます。

 

洗礼者ヨハネは荒野に現われ、「神の裁きが近づいたから、自分の罪を悔い改めよ」と教え、後に来られるメシアとしてイエスを紹介しました。そのようなヨハネが牢の中にいたのは、当時の領主ヘロデの罪を彼が責めたからです。それでヘロデに捕えられ、牢の中にいたのでした。牢の中でヨハネが気になっていたことは、自分が真剣に紹介したイエスが、果たしてメシアとしてどんな働きをしているかということでした。しかし、自分の弟子たちから聞いた情報によれば、イエスは自分の期待したようなことを行っていないということを知って、彼はぐらついたのです。それで、自分の弟子を遣わしてイエスに尋ねたのです。「来るべき方はあなたでしょうか。それともほかの者を待たなければなりませんか。」

 

主イエスはヨハネの弟子たちに、「行って見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。」と答え、旧約聖書イザヤ書35章5,6節、61章1節を引用して、今起こっていることを教えられたのです。「目の見えない人は見え」るようになっています。神のなそうとされる救いの御業がイエスにおいて起こっているのです。ヨハネでさえも、自分の考え、理想の中にイエスをはめ込もうとするとつまずいたのです。イエスに思いを向けよう。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る