ホーム > あゆみ > 2020年12月20日 礼拝説教要旨

あゆみ

2020年12月20日 礼拝説教要旨

2020年12月20日

神は我々と共におられる 

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第1章18-25節

 

主題聖句: 「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。                          マタイによる福音書 第1章23節

 

クリスマス。それは、神の御子イエス・キリストが人となってお生れくださったことを記念し、お祝いする時です。しかし、そのイエス・キリストがお生れくださったこの世界は、つまり、私たちの住んでいるこの世界は、悩みと苦しみが溢れていました。

 

ヨセフも悩み苦しんでいました。婚約中のマリアが聖霊によって身ごもったと聞いても、それを理解できず、思い悩んでいたのです。ヨセフは正しい人であり、心優しいでしたから、どうしてよいかわからず、ついに密かにマリアとの婚約を解消して別れようとしていました。そんなとき、思い悩むヨセフに主の天使が現れて、マリアを妻として迎え入れなさい、マリアのお腹の子は聖霊によるものだ、その子をイエスと名付けなさい、その子は自分の民を罪から救うものとなると伝えられたのです。マリアを妻として迎え入れて、妻と生まれる子を守るという使命が与えられたのです。この主の天使の言葉を、イザヤ書7章14節の預言の成就である、と福音書記者マタイは語りました。処女マリアから生れる、イエスと名付けられるお方は、その存在と働きにおいて、「インマヌエル」神が我々と共におられることの確かな保証だというのです。主イエス・キリストにおいて、神が人の世界に来て下さり、私たちを罪から救い出して、神と共に生きるようにしてくださったのだというのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る