ホーム > あゆみ > 2021年1月3日 礼拝説教要旨

あゆみ

2021年1月3日 礼拝説教要旨

2021年1月3日

主に守られて

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第2章13-23節

 

主題聖句: 占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」    マタイによる福音書 第2章13節

 

 

クリスマスの恵みの中で、新しい年の最初の礼拝を持っています。

 

最初のクリスマスの出来事を見ますと、救い主の誕生を喜び祝う明るい面ばかりではなく、今日の箇所のようなエジプトへの避難など大変困難や危険が、その誕生の時からあったことを知らされます。どうしてこんな苦難が誕生の時からあったのでしょうか。それは、主イエスが誕生の時から人々に歓迎されなかったというのが、人間の現実の姿であったからです。ヘロデ王が、占星術の学者からユダヤ人の王が誕生したことを聞いたとき、ヘロデ王は自分以外に王が生れることは困ると思い、その子を殺そうとしたのです。私たちも、イエスを歓迎したくない思いがあることを知らなければなりません。でも、その中に神は御子を生れさせられたのです。罪人である私たちを救おうとされた神の御計画があったからです。

 

学者たちが帰った後、主の天使が夢でヨセフに現れて、急いで子と母親を連れてエジプトに逃げよ、ヘロデがこの子を探して殺そうとしていると具体的な指示をしました。ヨセフはその指示を神のご命令と受け留め、すぐに行動しました。こうして彼らは助かりました。神は彼らを守られたように、私たちとも共におられて、私たちを守り、導いてくださいます。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る