ホーム > あゆみ > 2021年2月7日 礼拝説教要旨

あゆみ

2021年2月7日 礼拝説教要旨

2021年2月7日

いやすキリスト 

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第15章21-31節

              

主題聖句:  そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。                   マタイによる福音書 第15章28節

 病気のいやしについて、聖書はどう教えているのでしょうか。私たち人間は創造主なる神によって創造された存在で、私たちの命と体も神によって生かされている限りある存在です。そんな私たちは自分の罪の故に弱く、病気にもなりますが、神はいやしてくださるのです。病気になっても、いやされるように、神は自然治癒力で私たちの体を回復するようにしてくださいます。医学や薬などの進歩や研究によって開発される治療を用いて神はいやしてくださいます。それだけでなく、神にいやしを信じて求めていく者に、特別にいやしを与えてくださることもあるのです。ですから、私たちは自分が病気になったとき、神がいやしてくださると信じて祈り求めていくのです。

 

では、どのように神を信じて祈り求めるべきか、今日の箇所から教えられたいと思います。主イエスがある異邦人の住む場所に行かれたとき、カナン人の女性が主イエスに近づき、自分の娘のいやしを願い求めたのです。それに対して主イエスは何の反応もされませんでした。主イエスはイスラエルの民を救うことが自分の使命だと断られたのです。その時、主イエスはイスラエルの祝福を小犬に与えるのはよくないという優しい言い方をされたのです。それを聞いた彼女は神の祝福は大きく、小犬のような者ですがおこぼれにあずかりたいと切に求めたのです。その切実に求める彼女の信仰を聞かれた主イエスは、願い通りいやしてくださったのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る