ホーム > あゆみ > 2021年2月28日 礼拝説教要旨

あゆみ

2021年2月28日 礼拝説教要旨

2021年2月28日

神の霊の力

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第12章22-32節  

 

主題聖句:しかし、わたしが神の霊で悪霊を追い出しているのであれば、神の国は

      あなたたちのところに来ているのだ。  

マタイによる福音書 第12章28節 

  神様からすばらしい祝福をいただいているのに、当たり前のように思い、気づかずにいることがありませんか。それだけでなく、神様の明らかな祝福に気づかずに不平不満を言ってしまうことはないでしょうか。

 

ある時、悪霊に取りつかれて目が見えず口の利けない人が主イエスのところに連れて来られてきて、主イエスがその人をいやされ、ものが言え、目が見えるようになったのです。それを見た群衆は大変驚いて、この方をメシア救い主ではないだろうかと言いました。しかし、冷静に見ていた人がいました。ファイリサイ派の人たちでした。彼らは自分たちなりに解釈し、この者は悪霊の頭ベルゼブルの力によって悪霊を追い出したのだと非難したのです。

 

彼らの思いを見抜かれた主イエスは、たとえをもってご自分が悪霊の頭の力で追い出しているのではないと反論されました。国でも町でも家でも内輪で争えば成り立ちません。悪霊の頭が悪霊を追い出すとは、内輪もめであり、その国は成り立たないでしょう。しかし、主イエスは神の霊によって悪霊を追い出したのです。そうであれば、神の国はあなたたちのところに来ていることを示しているのです。神様がここにおられるという事実が現されているのです。主イエスは病の人をいやされ、罪に苦しむ者を救い出し、思いわずらう者をいやしてくださいます。主イエスのなさる御業に期待し、勝利される主イエスと共に歩みましょう。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る