ホーム > あゆみ > 2012年5月13日 礼拝説教要旨

あゆみ

2012年5月13日 礼拝説教要旨

2012年5月13日

主題聖句 「…わたしたちの卑しい体を、ご自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。」         

フィリピの信徒への手紙3章21節

説教主題「栄光ある体に」

  先週は「わたしたちの本国は天にあります。」という御言葉をご一緒に聞きました。「本国はいま生きている地上とは別のところにある」と申しますと、ともすれば、今の生活をないがしろにして、地上から離れ、空想の理想的な世界に逃げ込むということになりかねません。現実逃避ではなく、神の勝利を信じて、非常に具体的に自分の救いの完成を待つのです。救い主イエス・キリストが今神の右に坐しておられるところから、救いを完成してくださるために来てくださるのは確実な揺るぎのない事実であることを確信するのです。この地上のことだけにしか望みを持てないとしたら、こんなに虚しいことはありません。被造物は移ろいゆき、色あせ、やがて朽ちて無くなってしまうからです。

 しかし、天を本国とするものは救い主イエス・キリストが来られた時、復活なさった栄光の体に変えられます。これは私たちが勝手に思い込んで、でっち上げたのではありません。神の約束に基づくのです。ローマの信徒への手紙第8章29節に「神は前もって知っておられた者たちを、御子の姿に似たものにしようとあらかじめ定められました。」とあります。―神が決めておられる―なんと安心なことでしょうか。不安定なわたしたちの気分には左右されません。確かな基盤を持ちます。だとすれば、地上の生活をなおざりにもせず、かといってしがみつきもしません。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る