ホーム > あゆみ > 【きょうどう】カテゴリの記事一覧

あゆみ

2020年8月9日 礼拝説教要旨

2020年8月9日

 神の正しい裁き  

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第2章1-5節

 

主題聖句:あるいは、神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのですか。

                              ローマの信徒への手紙 第2章4節

 

他の人が良くないことをしているのを見たなら、私たちはすぐにその人の間違いが気になり、つい厳しく非難することがあるでしょう。身内ならなおさら言ってあげないと思い、指摘します。口に出さなくても心の中で、もうすでにその人を裁いています。人を裁く時の私たちは、自分は正しいと思い、相手の非を決めつけてひどく裁きます。しかし、しばらくして自分がそんなことを忘れてしまったように、平気で同じことをしてしまうことがあります。矛盾していますが、それが、私たち人間の正体です。

 

人を裁きながら、自分も同じことをしている者に対して、神はどうなさるでしょうか。「神はこのようなことを行う者を正しくお裁きになる」とパウロは言います。この「正しく」とは、真理に基づいてということです。神の裁きは、真理、神の御心に基づいて行われるということです。

 

自分は間違っていない、正しいと思っている人には、他の人とは違うと思い、余計に神は自分を裁かれることはないと思ってしまうところがあります。でも、神は裁かれないのではないのです。神は私たちを憐れみ、長く忍耐して裁くのをとどめておられるのです。悔い改めるのを待っておられるのです。そのことに気づかずにいて、人を裁いて自分は同じことをしても安心しているのではないでしょうか。神が寛容な愛を持って裁きを控えておられることを知って、心から悔い改めることができますように。

2020年8月2日 礼拝説教要旨

2020年8月2日

 神に何を願い求めるべきか  

三好 晴夫 牧師

ヤコブの手紙 第4章1-3節

主題聖句:何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか。あなた

がた自身の内部で争い合う欲望が、その原因ではありませんか。

                                   ヤコブの手紙 第4章1節

 

教会は、神の恵みにより主イエス・キリストの犠牲によって神との平和を頂いた者として、互いに愛し合う信仰の共同体となっているはずです。しかし、現実には、神よりの平和がないような有様ではないか、と著者ヤコブは教会に向かって指摘しています。「何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか」と問いかけています。

 

どうでしょうか。人と人とが争い合ったり、もめ事を起こしたり、人を攻撃したり、ねたんだりとぶつかり合い、時にはそれが大きくなってしまう現実が、世の中一般だけでなく、今日の信仰の共同体である教会においても起こっているのではないか。どこのだれかではなく、私たちの教会の中、さらには私たち自身の中にもこの争いが起こっているのではないか。このように争う原因は何か。「あなたがた自身の内部で争い合う欲望がその原因ではないか」と指摘しています。人間の欲望が争いの原因であるというのです。この「欲望」と訳される言葉は、一般に「快楽」「楽しみ」の意味です。その「快楽」「楽しい」を願う思いが心の内で欲望に変わり、その欲望に振り回され、周囲の人をも巻き込んで、皆を欲望に振り回して争い合うことが、教会においても起こることがあるのです。

 

この危険から私たちが身を守るためにどうすべきでしょうか。自分がそのような欲望に振り回されやすいものと認め、神に願い求めることです。

 

2020年7月26日 礼拝説教要旨

2020年7月26日

 罪とその結果 

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第1章24-32節

主題聖句:そこで神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ、そのため、彼らは互いにその体を辱めました。

ローマの信徒への手紙1章24節

 

現在、ローマの信徒への手紙から、神の救いを自分のものとして受けるために、まず自分がその救いを頂けなければならないほど、この自分には深刻な問題(罪)があるのだということを学び始めています。

 

1章18節で、私たち人間の行った不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されるとあります。神は人間の罪に対して正しい理由で裁かれるというのです。なぜ裁かれるかというと、私たち人間は神を知っていながら、神をあがめず感謝せず思い上がって高慢になって、神の栄光を他のものに取り替えてしまう罪を犯しているからです。その私たちに対して神は裁かれるのです。

 

では、神はどんな裁きを下されるのでしょうか。24節に「神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ」とあります。26節に「彼らを恥ずべき情欲にまかせられました」とあり、28節では「彼らを無価値な思いに渡され」とあります。「まかせられる」とは、自由にされる、なすがままにされる、放っておかれると言う意味です。自由にされ良いようですが、自由であることで、人間は心の底にある欲望のままに引きずられてわがまま勝手なことをしてしまいます。これは神の裁きです。このままなら大変です。こんな私たちを忍耐深く愛される神の救いが必要です。

2020年7月19日 日曜礼拝(音声)

2020年7月19日

 人間の罪の現実

三好 晴夫 牧師

   ローマの信徒への手紙 

      

不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。

ローマの信徒への手紙  第1章18節

 

 

いよいよこれから神の現された救いについて学びます。その救いが分かるためには、神が私たち人間をどんな状態にあるところから救おうとなさったのかを知らなければならないと、パウロは言います。私たち人間がどんなひどい状態にあるのかを知り、そんなところから神に救って頂いたのだと伝えなければというのです。それは、光の明るさを知るために、今ここで夜の暗さを学ぶということです。

 

実は、私たちは神を知るまでは、暗闇の中でどこにいるのか分からず迷子の状態であったのです。ですから、今、自分がそういう状態であることを教えられなければなりません。その後、主イエス・キリストを信じ救われることがどんなに大きな喜びなのか分かるようになるのです。

 

パウロは、私たち人間が光のない暗さの中にあるであることについて、上記の言葉を記します。「神は天から怒りを現されます」とは、神は正義の神ですから、人間の不信心と不義に対して正しく裁かれるということです。実際のところ、私たちは、真理である神を拒み、隣人を愛することをしないものでした。それ故に、神は正しく裁かれてもおかしくない現実の中にあります。神を知っても神をあがめず感謝もしていない私たちです。しかし、自分が負わなければならない私たちの罪に対して、神はその怒りを、私たちの上にではなく、御子の上に現されたのです。

 

2020年7月12日 礼拝説教要旨

2020年7月12日

 信仰を通して  

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第1章16-17節

 

主題聖句:福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。 

 

ローマの信徒への手紙 第1章17節

 

16節に「福音は・・・信じる者すべてに救いをもたらす神の力だ」とありました。救いをもたらす神の力とはどんな力なのでしょうか。

 

「福音」は、人となられ人と共に歩まれ、私たちのために救いを成し遂げられたイエス・キリストです。この方の成し遂げられた救いの御業を通して神は私たちに対する愛を示されました。福音には愛が溢れています。「福音」は救いの知らせです。救いの知らせが私たちに語りかけられて、その知らせを自分への愛であると信じるとき、私たちに救いがもたらされます。それほどに福音には神の愛、恵みが溢れています。

 

そのように福音は私たちに救いをもたらす神の力なのです。ならば、そのように救いをもたらす福音にはどんな力、どんな源があるのでしょうか。17節「福音には、神の義が啓示されています」。神の義こそが私たちに救いをもたらすというのです。神の義というと、旧約においてイスラエルの民には神の戒めを守ることによって神の前に正しくあろうとしました。しかし、守ることができず、神に逆らい、神に裁かれて、神の正しさが示されました。しかし、神はイエス・キリストを通して神の義を示されたのです。イエス・キリストを十字架の上で私たちの代わりに裁かれることに神の義を表わされました。この神の義を私たちが受け取る方法は何か。自分の罪を認め、神の憐れみを信頼することです。

2020年7月5日 礼拝説教要旨

2020年7月5日

救いをもたらす神の力

 

三好 晴夫 牧師 

ロ-マの信徒への手紙 第1章16-17節

主題聖句:わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。
ローマの信徒への手紙 第1章16節

 この言葉は、使徒パウロが、どうしてすべての人たちに福音を告げ知らせたいのか、その理由を示したものです。それは「わたしは福音を恥としない」からだというのです。ここで、自分は福音を誇りとしているからですと言ってよいところです。でも、こういう言い方をしたのは、当時の信仰者の置かれている状況への配慮からではないかと思います。彼らが主イエスの福音を聞き、信じ始めて行く中で、周囲の人たちから理解されず、恥ずかしい思いをしていることをパウロも同じ経験をして知っていたからだと思います。だから、福音を恥と思う時もあるかもしれないが、私はこの福音を信じ、恥としないと言い切るのです。
そう言い切れるのはなぜかと言うと、それは、「福音は・・・信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです」。福音とは主イエス・キリストの成し遂げてくださった救いの知らせです。すなわち、私たち人間が神から離れ自分勝手に生き、罪の中で神から栄光を受けられず裁かれそうになっていたのを、この主イエス・キリストが私たちの罪を引き受けて、十字架にかかって犠牲となられ救い出してくださったのです。主イエスは、罪の中にあった私たちを憐れんでただ信じるだけで救われるのです。そういう救いをもたらす神の力が、この福音にあるのです。

2020年6月28日 礼拝説教要旨

2020年6月28日

 ローマ訪問の願い 

三好 晴夫 牧師

ロ-マ信徒への手紙 第1章16-17節

主題聖句:あなたがたのところで、あなたがたとわたしが互いに持っている信仰によって、励まし合いたいのです。

ローマの信徒への手紙第1章12節

 

手紙の最初の挨拶を書き終えたパウロが、いよいよローマの信徒への手紙を書くのかについて書き始めています。それは、ローマの町に教会(信仰の共同体)があることを知ったので、ぜひともその教会の人たちを訪ねて行き良き交わりを持ちたいと願っているからです。

 

なぜパウロはローマの教会の人たちに会いたいのかと言うと、それは「“霊”の賜物をいくらかでも分け与えて、力になりたいからです。」

 

「霊の賜物」は、ローマ12章6節以下を見ますと、「預言の賜物」「奉仕の賜物」、教え、勧め、施し、指導などの賜物のことで、神の恵みによって授けられるものです。この賜物は祈って頂くだけでよさそうに思えますが、パウロは、この霊の賜物をローマの教会の人たちにいくらかでも分け与えるために、自分自身が出かけて行って直接人格的に触れ合うことで授けたいというのです。そうして彼らの信仰が力づけられるようにしてあげたいと願っているのです。そのことを言い換えると「あなたがたのところで、あなたがたとわたしが互いに持っている信仰によって励まし合いたいのです。」ということです。お互いに与えられている信仰と賜物を分け合って励まし合いたいと願っているのです。私たちも、この姿勢に見習い、自分の受けた信仰を持ち寄り、互いに支え合って歩もう。

2020年6月21日 礼拝説教要旨

2020年6月21日

 信仰による従順へ 

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第1章1-7節

 

主題聖句:わたしたちはこの方により、その御名を広めてすべての異邦人を信仰による従順へと導くために、恵みを受けて使徒とされました。

            ローマの信徒への手紙第1章5節

 

パウロがこの手紙を書いたのは、ローマの教会の人たちと真実な交わりを持ちたいと願ったからでした。それで、彼らと共通に理解し合える言葉を持って書き出しています。そのような共通に理解し合える言葉で福音の内容を書いたのです。それが御子、主イエス・キリストです。

 

次に書いたのが、パウロ自身とローマの教会の人たちとの共通の信仰についてです。「召されて」使徒とされた、「召されて」信じる者とされたという、「召されて」という信仰です。これは、聖霊の働きによって、福音の言葉を聞いて自分の罪を自覚し、キリストを知り、キリストを受け入れるようになっていくという信仰です。

 

その上で、パウロは、自分がすべての人に福音を告げ知らせるのは、「御名を広めてすべての異邦人を信仰による従順へと導くために」であると言います。すべての人が「信仰による従順」へと導かれることが、宣教の目的であるのです。信仰は、キリストの福音を聞くことによって呼び起こされます。神の言葉が伝えられて、人々に神の意志が知らされて、人々が聞いて、恵みを受け入れて信じることが始まります。信仰は私たちを罪から解放し、私たちをキリストへの従順に導くのです。まずは、私たちも、キリストの福音の言葉を聞き、信仰へと導かれたい。

2020年6月14日 礼拝説教要旨

2020年6月14日

 福音とは何か

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第1章1-7節

         

主題聖句:この福音は、神が既に聖書の中で預言者を通して約束されたもので、御子に関するものです。  

 ローマの信徒への手紙第1章2節

 

「ローマの信徒への手紙」は差出人パウロの自己紹介から始まり、その後、受取人への挨拶の言葉と続くはずです。ところが、2~6節に長い説明の文が入っています。それは、福音の説明です。1節でパウロ自身が「神の福音のために選び出され」と記したので、福音の内容を説明せずにはおれなくなったのでしょう。それほどに、パウロには、自分を支えているのは、福音だという思いがあったからです。その福音をまず説明せずにはおれないのでしょう。

 

それでパウロは、福音を説明しようとして書き始めるのですが、ここでは要約です。しかも、パウロの独特の言い方ではなく、当時の教会の共通の信仰の告白でまとめられています。そうするのは、パウロとしては、自分が設立した教会ではなく、しかもまだ一度も会ったこともない教会の人たちと真実な関わりをしようと思うならば、まずは共通の信仰告白の言葉で言い表した方が良いと思ったのでしょう。まずは福音を語らなければならないと思ったのです。そのようにして福音を語り合うことによってローマの教会の人たちと真実な交わりを持ちたいと思ったのです。真実な交わりは福音によることが分かっていたのです。

 

パウロの伝える福音は、神が既に預言者たちを通して約束として語り続けられて実現したものであり、御子イエス・キリストの救いです。

 

2020年6月7日 礼拝説教要旨

2020年6月7日

  キリスト・イエスの僕 

三好 晴夫 牧師 

ローマの信徒への手紙 第1章1-7節

主題聖句:キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから、――   

ローマの信徒への手紙第1章1節

 

今日から、使徒パウロの書いた「ローマの信徒への手紙」を読んで行きます。皆さんはこの手紙を読んだことがあるでしょうか。初めて読んだとき「分かりにくい」と感じた人が多い。でも数節を読むだけで、よく分からないけれども、何か大切なことを自分は今聞いている、ということが分かってきます。もっと分かりたい、読み通したいと思わせる。でも、読み進めるのは、そう簡単ではありません。なぜかと言うと、この手紙には、パウロの信じ伝えたキリストの福音がまとめられた形で凝縮して記されているからです。福音の筋道がきちんと書いてあります。その中心的な言葉が、1章16節「福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。」。私たちも、救いをもたらす福音の力を頂きたいものです。

 

今日はその第1回目として、この手紙の差出人パウロの記す自己紹介に注目したい。パウロは自分のことを、「キリスト・イエスの僕」と言いました。「キリスト・イエス」とは、2千年前、ベツレヘムでおとめマリアより生れ、神の国の福音を伝え、人類の罪を贖うために十字架に付けられ死なれ、復活され今天の父のもとに帰られたお方です。この方を真の救い主と信じ、心から仕えている者であると自分を意識した言い方です。この認識は、主イエスの救いを受けている人々皆の思いです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る