ホーム > あゆみ > 2019年12月の記事一覧

あゆみ

2019年12月8日 礼拝説教要旨

2019年12月8日

 主の道をまっすぐにせよ

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第1章19-28節

 

主題聖句: ヨハネは、預言者イザヤの言葉を用いて言った。「わたしは荒れ野で叫ぶ声である。『主の道をまっすぐにせよ』と。」

ヨハネによる福音書 第1章23節

 

今日待降節第二主日の主題は、洗礼者ヨハネの証言を聞くことです。

 

洗礼者ヨハネが現れたのは、主イエスが公に救い主としての働きをする少し前でした。マルコ福音書1章によると、ヨハネが荒野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めのバプテスマを宣べ伝えたところ、そのメッセージを聞いた人々は、次々と自らの罪を告白し、ヨルダン川で彼から悔い改めの洗礼を受けて行ったのです。そのことにただならぬ不穏な状態を感じた、エルサレムのユダヤ人指導者たちは、祭祀やレビ人を送ってヨハネに問いただしたのです。「あなたはどなたですか」と。

 

ヨハネは公言して隠さず「わたしはメシアではない」と言い表したのです。絶対にそういう者ではないと打ち消したのです。それでは「何ですか、あなたはエリヤですか。あなたはあの預言者ですか」と尋ねてきたのですが、ヨハネは「違う」と否認しました。それで、彼らは少し安心したようですが、「それではいったい、だれなのです。あなたは自分を何だと言うのですか」と聞いてきました。それでヨハネがした答えが、上記のみ言葉でした。「わたしは、荒れ野で叫ぶ声である。『主の道をまっすぐにせよ』と。」 王が地方に出かける時、先駆けが前もって出かけて行って王を迎える備えを指示するように、ヨハネは救い主が来られるにあたり、人々に救い主を迎える備えを呼びかけるのだと言う。

2019年12月8日 日曜礼拝(音声)

2019年12月8日

<

2019年12月1日 礼拝説教要旨

2019年12月1日

 神は王となられる

 

三好 晴夫 牧師

 

イザヤ書  第52章1-10節

 

 主題聖句:歓声をあげ、共に喜び歌え、エルサレムの廃虚よ。主はその民を慰め、エルサレムを贖われた。

イザヤ書 第52章9節

 

2千年前、ユダヤのベツレヘムでお生れになられた救い主の誕生は、何の前触れもなく、突然に起こったのではありませんでした。旧約の昔の時代から預言者たちによって救い主の到来は預言されていたのでした。その預言の実現を待ち望んでいた人々のもとに救い主がお生れになったのです。彼らの待ち望む姿に見倣って、私たちも救い主の御降誕を心新たに喜び迎えたいのです。

 

今日は、待降節第一主日として、イザヤ書52章を読みます。その時代のイスラエルの民は、自国をバビロン帝国によって滅ぼされ、バビロンの地で捕囚の民として、絶望と苦難の中にありました。その彼らに、大いなる希望が預言されたのです。自国が滅ぼされていたイスラエルの民に、再び故国に帰ることができるようになると預言されたのです。

 

それだけでなく、神が彼らに大いなる御業をなさることが告げられたのです。彼らが救われるというのです。「主がシオンに帰られる」。彼らの犯した罪のゆえに裁かれ、神からも見捨てられていたが、彼らのところに神が帰って来てくださるのです。「主はその民を慰め、エルサレムを贖われた」。主が、その憐れみによって神が代価を払って罪から彼らを救い出してくださるのです。そのために苦難のしもべが現れ、そのしもべが犠牲となって多くの人々を救われるのです。何と驚くべき救いの預言でしょうか。この預言がキリストにおいて実現したのです。

2019年12月1日 日曜礼拝(音声)

2019年12月1日

<

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る