ホーム > あゆみ > 2019年3月17日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年3月17日 礼拝説教要旨

2019年3月17日

 神の国は来た

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第11章14-26節

 

  主題聖句:しかし、わたしが神の指で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ。」  

ルカによる福音書 第11章20節

        

主イエスは、愛をもって人に寄り添って行かれましたが、皆に受け入れられたわけでなく、誤解されたり、攻撃を受けることもたびたびありました。主イエスが悪霊を追い出して癒しを行われたことに対して、その時代の人々はどのように理解したかというと、驚いた人々もありましたが、「あの男は悪霊の頭ベルゼブルの力によって悪霊を追い出している」と侮辱する人もありました。

 

非難する彼らの思いは、悪を克服するためには、より大きな強い力でそれを制するのだろう、という程度の理解でした。でも、その理解が正しいのであれば、主イエスがなさったことは、悪霊の親玉が子分の悪霊を追い出したという内輪もめが起こったことになります。

 

主イエスはそんなことが起こったのではない、とはっきり反論されました。そうではなく、主イエスは、わたしが神の指によって悪霊を押し出しているのなら、神の国はあなたたちのところに来ているのだと明言されました。悪霊を追い出す御業が表わされたことによって、神の国が来ていることが証しされたのだというのです。「神の指」とは、神の絶大な力が発動されたことを示す言葉です(出エジプト18:15)。このような神の力が悪霊を打ち破り、神の国が来たことを表したのです。人を苦しめているものに立ち向かわれるお方が、私たちと共におられます。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る