ホーム > あゆみ > 2019年12月22日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年12月22日 礼拝説教要旨

2019年12月22日

 言は肉となって

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第1章1-14節

 

 

主題聖句:言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。

            ヨハネによる福音書 第1章14節

 

クリスマスの出来事、すなわち、救い主イエス様がお生れになったということは、ヨハネによる福音書を書いたヨハネによれば、「言が肉となって、私たちの間に宿られた」ことだと言うのです。

 

 

「言は肉となって」。「言」とは何を示しているのでしょうか。それを知る手がかりは1章1節にあります。「初めに言があった」。神が天地を創造された初めの時、「言」であるお方はすでに存在していたということです。創造されたとき、神は「光あれ」と命じて、光を造られました。そのように言葉を持って創造されました。ですから、「言」は神の御意志、神の御思いを示しています。「言は神と共にあった」。言は御父なる神と最も近い関係にあるのです。「言は神であった」。イエスが地上においでになる前に神と共におられ、神であられたお方です。このお方が人に命を与え、人々に光をもたらしたのです。

 

 

このように言であられるお方、天地万物を創造される前から存在しておられたお方、創造の業に関わられたお方が、歴史のある時、肉となられたのです。人間と同じ性質を持つものとなられたのです。これは、驚くべきことです。闇の中にあって神を知らなかった私たち人間を、何としても愛されたゆえに、表わされた神の恵みの御業です。

 

そして、「私たちの間に宿られた」。言であるお方、すなわち、神の御子イエスは人となって、私たちの間に住み込んで共に歩まれたのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る